観光のビジネスモデル

利益を生みだす観光まちづくりの仕組みを考える

高橋一夫、柏木千春

2012.05.10(終了しました)


趣旨

 低利益体質に悩む観光業界、補助金頼りから抜け出せない観光地域づくり。この閉塞感を打ち破るには、売り上げや集客数ではなく「利益」を生みだすビジネスイノベーションが必要だ。
 昨年末に出版した『観光のビジネスモデル』では海外や日本における「成功した新しいビジネスモデル」とともに「観光まちづくりのイノベーション」を大きく取り上げた。
 両者に共通するのは発想の転換と徹底した顧客志向の経営である。
 本セミナーでは、企業のイノベーションをいくつか紹介し、ビジネスイノベーションとは何かを示したうえで、観光まちづくりを事例に、その凄さや面白さを経済学・経営学の理論から読み解きたい。そして成功する観光まちづくりには何が必要かを一緒に考えたい。

担当編集者・前田裕資

参加された方のご感想

・Nさん(大学院)
 高橋先生の総合的かつ総合的な研究の発表をお聞きし、とても参考になりました。ぜひ本を読んでより深く勉強させていただきたいと思います。

・Kさん(会社員)
 ビジネスモデルの成功例を学ぶことができた。次のステップとして仕組みづくりに反映していきたい。

・Kさん(団体)
 久しぶりに現場に近い話を聞けました。
 リスクを取って汗を流す地域づくりを見てみたい。こん回の話はこの事例の一つでもあったと思います。参考になりました。汗とリスクを取らない企業が多い中で、goodな仕事です。

・Uさん(団体)
 吉野山の大渋滞の解消の話。地域がどれだけ深刻に問題を考えているかの話とともに、地元の理解を得られる裏ワザの話も聞けて面白かったです。

・Tさん(大学院)
 観光、サービスのマーケティングは、モノを対象としたマーケティングの後追いをする傾向があったと思います。
 それに対して、今回の「観光のビジネスモデル 利益を生み出す仕組みを考える」はこれまでとは逆に、マーケティング全体を先導するヒントが多くあると感じました。
 それだけに観光やサービスに従事している人だけではなく、その他の事業に従事している人にも役立つ内容だと実感しました。ありがとうございました。

・Uさん(会社員)
 観光の諸問題について、解決への取り組みについて、生のお話を聞けて大変勉強になった。

・Mさん(交通)
 LCC、交通工学、キッザニア等、とても興味がある内容ばかりでとても楽しかったです。
 実際に実務をされている方のお話ばかりで、大変参考になりました。

・Nさん(大学院)
 大変勉強になるとともに、観光のビジネスモデルの発展可能性について分からないことが一気に分かりました。
 最後にも話題になったヨコの発展可能性、ヨコへのモデル発展をどのようにするか、していく可能性があるのかを今後また聞きたいです。

・Mさん(会社員)
 土木屋、交通計画屋にはない柏木さんの弾力的な発想には共感し、気づかされたことが最大のポイントでした。

・Oさん(団体)
 具体的な事例が聞けてよかった。
 キッザニア、吉野山の事例が面白かった(企業と社会、地域の関わりの視点があること)。
 吉野山の後日談が面白かった。

・Mさん(会社員)
 観光産業における事業者が持続可能であるためには利益確保が重要。利益を生み出すビジネスモデルであるオープンテーブル、キッザニアのご紹介事例は非常に面白く感じました。

□日時/場所/会費


好評発売中

○セミナー
 12年5月10日(木曜日) 18時00分開場、18時30分開演〜20時30分頃まで
 京 都学芸出版社3階
       075-342-2600
       京都市下京区木津屋橋通西洞院東入
       京都駅より徒歩約5分 お車での来社はご遠慮ください。

 会 費/1000円(本書をご持参の方は500円)、定員70名(先着順)
 
 〈主要プログラム〉
 講  演  :高橋一夫
 コメント  :柏木千春
 会場との議論:高橋・柏木+会場の皆様

○交流会
 近くの居酒屋等、講演終了後22時30分頃まで
 会 費/実費(3000〜4000円)
 


『観光のビジネスモデル』ご注文はこちら

A5判・220頁・定価2625円(本体2500円)


執筆者略歴

◎高橋一夫
流通科学大学サービス産業学部教授
1959年生まれ。大阪府立大学大学院経済学研究科博士前期課程修了。1983年JTB入社。東日本営業本部イベント・コンベンション営業部長、コミュニケーション事業部長を歴任。2006年JTB退職後、T&T常務執行役員。2007年より流通科学大学サービス産業学部教授。2012年4月より近畿大学経営学部教授。
総務省地域再生マネージャー、東京都観光アドバイザーなど地域振興に関するサポートを続けている。

◎柏木千春
柏木 千春(JTB法人東京 営業推進本部ソーシャルソリューション地域交流推進局 チーフマネージャー)
1992年JTB入社。行政視察を主に担当し、企画・営業・添乗業務に従事。2004年同東日本営業本部コミュニケーション事業部配属となり、旅行外領域における新規ビジネスモデル開発メンバーとして活動。以降、全国各地域の魅力づくり支援を担当。2005年JTB分社化に伴い、JTB法人東京に在籍。現在、神戸国際大学経済学部都市環境・観光学科准教授も務めている。



学芸出版社ホームページへ

貴方は人目(12.03〜)の訪問者です。