「この10年、たくさんのリノベーションを手掛けて気がついたことがある。それは、リノベーションとは単に建築の再生ではなく、価値観の変革であったということだ。(中略) いつの時代も社会を変えるのは確信犯的な楽観主義。「まあ、なんとかなるさ」とプロジェクトを起こし、障害にぶつかっては、修正や突破を繰り返しながら実現させる。始めてみなければ、何も起きない。そんな気分で、公共空間を改めて自分たちのものと捉え、変えていこう。」 (馬場正尊+Open A著 『RePUBLIC 公共空間のリノベーション』 より抜粋)


定員に達しましたので、申込を締め切らせていただきました。


・ 日 時/2013年10月18日(金) 19:00〜20:30(開場18:30)
・ 会 場/アーツ千代田3331 1Fコミュニティスペース
・ 会 場/東京都千代田区外神田6丁目11-14 → map
・ 料 金/1,000円
・ 問合せ/mail:miya@gakugei-pub.jp tel:075-342-2600(担当:宮本)








〈ゲスト・プロフィール〉

清水義次 (しみず よしつぐ)
建築・都市・地域再生プロデューサー/株式会社アフタヌーンソサエティ代表取締役
1949年生まれ。東京大学工学部都市工学科卒業。マーケティング・コンサルタント会社を経て、1992年株式会社アフタヌーンソサエティ設立。都市生活者の潜在意識の変化に根ざした建築のプロデュース、プロジェクトマネジメント、都市・地域再生プロデュースを行う。東京都神田、新宿歌舞伎町、北九州市小倉などで、遊休不動産を活用しエリア価値を向上させる家守ビジネスモデルを構築している。アーツ千代田3331代表社員。

佐藤直樹 (さとう なおき)
アートディレクター/ASYL代表
1961年生まれ。北海道教育大学卒業後、信州大学で教育社会学・言語社会学を学ぶ。美学校菊畑茂久馬絵画教場修了。1988年より翔泳社でデザインをスタート。94年『WIRED』日本版創刊にあたりアートディレクターとして参加。98年にアジールデザイン(現・アジール)を設立。2009年より美学校で講座「絵と美と画と術」をスタート。アーツ千代田3331デザインディレクター、多摩美術大学造形表現学部デザイン学科准教授。

馬場正尊 (ばば まさたか)
建築家/Open A 代表/東京R不動産ディレクター/東北芸術工科大学准教授
1968年生まれ。94年早稲田大学大学院建築学科修了後、博報堂入社。早稲田大学大学院博士課程へ復学、雑誌『A』編集長を務める。2003年建築設計事務所Open Aを設立し、建築設計、都市計画まで幅広く手がけ、ウェブサイト東京R不動産を共同運営する。近作に、道頓堀角座、雨読庵、観月橋団地再生計画、TABLOIDなど。











貴方は人目(2013.9.13〜)の訪問者です。