学芸セミナー@京都

CSV観光ビジネス
−地域とともに価値をつくる−

高橋一夫・田中祥司

2014.11.25


趣旨

藤野公孝、高橋一夫編著
 マイケル・ポーターは、社会のニーズや問題に取り組むことで社会的価値を創造し、その結果、経済的価値が創造されるというアプローチこそが、新たなイノベーションと市場創造につながると指摘し、CSV(Creating Shared Value)を提唱しました。
 観光は東日本大震災からの復興にどのように役に立てるのかを議論していた私たちは、この考え方に共感し、「共通価値の創造」をテーマに、観光に関するさまざまな事例を集め、観光事業を営む企業や団体こそが地域社会の経済条件や社会状況を改善しながら、自らも競争力を高めることができるということを示したいと考えました。
 『CSV観光ビジネス』はその第一歩としてまとめたものです。
 本セミナーではCSV観光ビジネスの考え方と本書で取り上げたいくつかの事例を紹介し、、共著者である田中祥司さんとの対話、そして会場の皆さまとの議論で、観光客の皆さんに満足いただけ、地域に貢献し、事業者に利益をもたらす「三方良し」の現代的なビジネスモデルを模索したいと考えます。
 ふるってご参加ください。

高橋一夫

□日時/場所/会費


 14年11月25日(火曜日)
 18時00分開場、18時30分開演〜20時30分頃まで
 京 都学芸出版社3階
       TEL 075-342-2600
       京都市下京区木津屋橋通西洞院東入
       京都駅より徒歩約5分 お車での来社はご遠慮ください。

 会 費/1000円、定員50名(先着順)
    『CSV観光ビジネス』ご持参の方、
    会場でお買い上げの方は500円

交流会/終了後、同会場で簡単な交流会を予定、1000円

□参加申込

メールアドレスは正確にご記入ください。

CSV観光ビジネス@京都(14.11.25)
(お名前と所属の名簿を配布予定です。匿名希望の方は氏名欄にその旨お書き添えください)
ご 氏 名
所  属
E-Mail
ML登録 都市計画・まちづくり・地域再生に関わる新刊書 イベント案内をお送りしています(matiza_ml)。要・不要をお選びください。既にお受取の方は送付希望のママでも重複してお送りすることはございません。
送付希望 送付不要 登録済み
交流会 交流会の参加の有無をお選び下さい。
参加する 交流会は参加しない

    本件についてのご連絡は下記にお願いいたします。
    前田裕資 maeda@mbox.kyoto-inet.or.jp/FAX 075-342-2605/Tel 075-342-2600


高橋一夫

近畿大学経営学部教授。
1959年生まれ。大阪府立大学大学院経済学研究科博士前期課程修了。1983年JTB入社、西日本営業本部営業開発部長、東日本営業本部イベント・コンベンション営業部長、コミュニケーション事業部長を歴任。2007年から流通科学大学教授、2012年より現職。スポーツコミッション関西の幹事として「関西ワールドマスターズゲームズ2021」を招致。主な編著書に『旅行業の扉』(碩学舎、2013年)、『観光のビジネスモデル』(学芸出版社、2011年)、『観光のマーケティング・マネジメント』(JTB能力開発、2011年)など。

田中祥司

神戸夙川学院大学観光文化学部専任講師。
1974年生まれ。2011年関西学院大学大学院経営戦略研究科修了。1998年JTB入社。大阪成蹊短期大学非常勤講師等を経て、2013年より現職。主な著書に『観光研究のキーコンセプト』(共著、現代図書、2014年)など。


『CSV観光ビジネス』

ご注文はこちらへ
当日会場でも販売致します。

東京セミナー(準備中)


観光ビジネス、まちづくりの本

観光ビジネス  ☆ 産業観光  ☆ マーケティング  ☆ 地域で守ろう  ☆ ストラスブールの


学芸出版社ホームページへ

貴方は人目(14.11〜)訪問者です。