2015.9.23@名古屋「港まちの建築と不動産を考える夜」

建築/不動産のビジネスフレームワークの再構築

高橋寿太郎(創造系不動産)




【内容】
建築デザインと不動産取引の業界は、世界的に見ても高いレベルに成長しました。
しかしそれぞれの技術、価値観、経営論理はいまだ独立しており、そのため顧客が目的を十分に達成し辛い環境です。
これを打開する建築と不動産のあいだの世界とは何か。何ができるのか。
一緒に考えてみましょう。

「港まちの建築と不動産を考える夜」当日前半は愛知淑徳大学間宮晨一千ゼミの設計課題・学外講評会が開催されます。港区内の不動産を対象としたリノベーション課題「まちの賑わいを生むシェア空間のプロデュース」が地元まちづくり協議会の協力を得て実現しました。
どなたにもご自由にご参加いただけます。奮って、お出かけください。


【登壇者】
高橋寿太郎(たかはし じゅたろう)
創造系不動産椛纒\取締役。1975年大阪市生まれ。2000年京都工芸繊維大学大学院修了後、古市徹雄都市建築研究所勤務を経て、東京の不動産会社で分譲開発・売買仲介・賃貸管理・コンサルティングなど幅広く業務。 2011年創造系不動産を設立。扱う案件はすべて、建築家やデザイナーと共働し、建築設計業務と不動産業務のあいだから、数々の顧客の利益を創る。建築不動産コンサルタント、宅建主任者・フィナンシャルプランナー・一級建築士
創造系不動産 HP:http://www.souzou-kei.com/

【概要】
○日時:2015年9月23日(水・祝)
 15:30-開場
 16:00-愛知淑徳大学講評会
 17:00-高橋寿太郎レクチャー「建築/不動産のビジネスフレームワークの再構築」
○会場:Minatomachi POTRUCK BUILDING 1F(地下鉄名港線「築地口」駅2番出口より徒歩1分
○会費:無料
○申込:不要
○問合せ:愛知淑徳大学都市環境デザイン専修準備室(tel:0561-62-4111)