『自治体文化政策 まち創生の現場から』出版記念@京都

自治体文化政策と京都創生

平竹 耕三さん、鷲田 清一さん

2016.4.19


趣旨


平竹 耕三 著


 2016年10月から東京オリンピックに向けて全国で毎日150件近い文化イベントが行なわれます。それが一過性のもので終わっては余りにも勿体ない。
 この機会に各地域の文化政策における課題の解決や新たな展開を図るべきです。そして、それをオリンピック終了後も続けていくことで、特色のある地域づくりが実現できるはずです。
 そのためには、自治体関係者が、自分たちの地域の資源を十分に把握することが必要です。そして地域独自の文化の維持や継承、発展を自分事として考える姿勢が求められます。
 『自治体文化政策 まち創生の現場から』は京都市の行政現場のトップである平竹さんが、世界の文化政策の流れを紹介しながら、その経験を踏まえ、自治体文化政策の現在のあり方と向かうべき未来を書かれた本です。
 地方創生は行政の力抜きには考えられません。京都市も戦前から観光・文化政策に取り組み、また近年は「景観・文化・観光」を核に「京都創生」掲げて総合的な文化戦略に取り組んでいます。
 本セミナーでは著者の平竹耕三さんに本の内容を中心にお話いただき、後半では京都市立芸術大学の学長であり、哲学者でおられる鷲田清一先生にご登壇いただき、鷲田先生のコメント・ご批評いただきながら対談していただきます。最後は会場の皆様を交えて議論をいたしたいと思います。
※お席に限りがあります。お早めにお申し込みください。
学芸出版社 前田裕資/山口祐加

□日時/場所/会費等


日時:2016年4月19日(火)
   18時00分開場、18時30分〜20時30分頃まで
場所:学芸出版社3階@京都
   京都駅より徒歩5分

会費:1000円、定員80名(先着順)

『自治体文化政策』ご持参の方、会場でお買い上げの方は500円

□主なプログラム

自治体文化政策のこれから 平竹耕三(京都市文化芸術政策監、ロームシアター京都館長)
コメント 鷲田 清一(京都市立芸術大学学長、せんだいメディアテーク館長、大谷大学教授)

□参加申込

メールアドレスは正確にご記入ください。

『自治体文化政策 まち創生の現場から』出版記念対談@京都(16.04.19)
ご 氏 名
所  属
E-Mail
ML登録 都市計画・まちづくり・地域再生に関わる新刊書 イベント案内をお送りしています(matiza_ml)。要・不要をお選びください。既にお受取の方は送付希望のママでも重複してお送りすることはございません。
送付希望 送付不要 登録済み
交流会 交流会の参加の有無をお選び下さい。
参加する 交流会は参加しない

    本件についてのご連絡は下記にお願いいたします。
    山口祐加 yamaguchi@gakugei-pub.co.jp/FAX 075-342-2605/Tel 075-342-2600


略 歴

平竹耕三(ひらたけ・こうぞう)
1959年京都市生まれ。1982年京都大学法学部卒業。2006年経済学博士(龍谷大学)。
1982年から京都市において、税制、法制、まちづくり、労政、産業政策などを経て、2007年から文化芸術政策に携わっている。現在は、京都市文化芸術政策監、ロームシアター京都(京都会館)館長、京都市交響楽団副楽団長。
著書に『コモンズとしての地域空間―共用のまちづくりをめざして』(2002年、コモンズ)、『コモンズと永続する地域社会』(2006年、日本評論社)、共編著に『京の花街―ひと・わざ・まち』(2009年、日本評論社)がある。

鷲田 清一(わしだ・きよかず)
1949年生まれ。
京都大学文学部哲学科を卒業後、関西大学・大阪大学の教授を経て、大阪大学総長などを歴任。
現在、京都市立芸術大学学長、せんだいメディアテーク館長、大谷大学教授。哲学・倫理学の視点からアート、ファッション、教育、労働、ケアなど様々な分野において、評論・執筆活動を行う。

『自治体文化政策 まち創生の現場から』平竹 耕三 著

 全国主要書店で発売中!当日会場でも販売致します。

学芸出版社の文化政策関連書

SOUSOU  ☆ 文化政策の展開  ☆ 創造都市  ☆ 名和さん  ☆ 内子座


学芸出版社ホームページへ

貴方は人目(16.02〜)訪問者です。