縮小し多様化する時代、不動産の価値を大きく左右するのは、
暮らしの満足度を高めるコミュニティの存在。
多彩な事例の当事者が一堂に会し、地主、住人、建築家、事業者による
新しい不動産活用の実践手法を解説。



・ 日 時/2016年5月20日(金) 18:30〜20:30 (開場18:00)
・ ゲスト/甲斐徹郎、田村誠邦、大島芳彦
・ 会 場/学芸出版社 3階
・ 会 場/京都市下京区木津屋橋通西洞院東入 → map
・ 料 金/500円(本をご持参いただいた方、会場でご購入いただいた方は無料)
・ 申込み/以下のフォームよりお申込みください
・ 問合せ/学芸出版社・宮本 miya@gakugei-pub.jp(@を半角にして送信下さい)
・ 問合せ/tel : 075-342-2600








〈ゲスト・プロフィール〉

甲斐徹郎 (かい てつろう)
建築・まちづくりプロデューサー/株式会社チームネット代表/関東学院大学客員教授。1959年東京都生まれ。千葉大学文学部行動科学科社会学専攻卒業。1995年、環境と共生する住まいとまちづくりをプロデュースする会社として株式会社チームネットを設立。環境共生型コーポラティブ住宅「経堂の杜」「欅ハウス」などを企画、コーディネイト。個人住宅から集合住宅、まちづくりまで、環境とコミュニティを生かした数多くのプロジェクトを手掛ける。

田村誠邦 (たむら まさくに)
株式会社アークブレイン代表取締役/明治大学理工学部特任教授。1954年東京都生まれ。東京大学工学部建築学科卒業。建築と不動産の中間領域に係るコンサルティングのパイオニアとして業務に携わるかたわら、土地活用や建築プロジェクトの事業企画などに関するセミナーなどを行い、延べ2万人以上が聴講する。「求道会館・求道学舎の保存と再生事業」で2008年日本建築学会賞(業績)受賞。「ストック時代における居住者参加型集合住宅供給の実現プロセスに関する研究」で2010年日本建築学会賞(論文)受賞。

大島芳彦 (おおしま よしひこ)
株式会社ブルースタジオ専務取締役/クリエイティブディレクター/建築家。1970年東京都生まれ。大手組織設計事務所勤務を経て2000年、ブルースタジオにて遊休不動産の再生流通活性化をテーマとした「リノベーション」事業を開始。建築設計から企画、コンサルティング、グラフィックデザイン、不動産仲介管理など多岐にわたる。都市スケールの再生プロジェクトを手掛ける一方、個別の物件探しからはじめる中古住宅のワンストップリノベーションサービスを展開。








『不動産の価値はコミュニティで決まる』 出版記念フォーラム(京都)
参加お申込みフォーム
お名前
ご所属
E-Mail




  


・ 上記ボックスでの送信に不具合がある時は下記にメールまたはファックスで送信してください。
・ お申込への返信は、満員でご参加いただけない場合や変更の場合のみ行ないます。
・ 担当 : 宮本 miya@gakugei-pub.jp(@を半角にして送信下さい) / fax : 075-342-2605









2015.3.3--