出版記念@東京

世界の地方創生
辺境のスタートアップたち

松永安光・漆原弘・鈴木裕一

2017.6.06(当日参加可)


趣旨


世界の地方創生

 人口減少が続く今、地方の再生は待ったなしの課題ですが、幾つかの成功事例はあるとしても確たる道が見えにくいのが現状です。
 しかし世界を見渡してみれば山村、農村、旧市街地に、ローカルビジネスに挑む起業家や自治体がいます。自らリスクを負って一歩を踏み出すスタートアップたち。その勇気こそが地方創生に求められるているのです。
 そうした思いから私たちは『世界の地方創生−辺境のスタートアップたち』を執筆しました。
 先進木造、村ぐるみの宿、美酒佳肴、小規模公民連携、美食とラーニング、アートビジネス、森林活用、既存ストック活用など、紹介した事例は辺境といっても良い小さな村や町、あるいは欧州や国の中心からは外れた都市で、誰かが決断し進めている事業です。
 今回の出版記念セミナーではガストロノミーや食と学びの融合、ビジネスとしてのアートの育成などいくつかの典型的な事例をご紹介し、執筆した私たちがもっとも大切だと思うこと、皆さんに伝えたい点は何かを議論し、提言したいと思います。
 奮ってご参加下さい。
著者を代表して 松永安光

□日時/場所/会費等

日 時:2017年6月6日(火)
    18時00分開場、18時30分〜20時30分頃まで
    その後交流会あり
場 所:文京区シビックホール3階会議室
    3階のフロア図(図の一番下が3階フロア図、その左下にある会議室エリア)
      東京都文京区春日1-16-21 文京シビックセンター
      電話03-5803-1100

会 費:1000円、定員60名(先着順)(交流会は実費です)
      『世界の地方創生』をお持ちの方、会場でお買い上げの方は会費無料

主 催:学芸出版社

主なプログラム(仮)

・スタートアップは辺境に生まれる 松永安光
・事例から
 スタートアップを集める木造建築最前線:アルプス地方 松永安光
 ガストロノミーからの地域創生:ピレネー南麓地方 鈴木裕一
 アートとビジネスの融合:グラスゴー 漆原弘
・パネル「世界の辺境から何を学ぶか」 松永安光+漆原弘+鈴木裕一
 終了後懇親会を予定しています。3300円

参加申込(当日参加可、直接お出で下さい)


著者紹介

松永安光
 株式会社近代建築研究所代表取締役、一般社団法人HEAD研究会理事長
徳田光弘
 九州工業大学大学院准教授、一般社団法人リノベーションまちづくりセンター代表理事
鷹野敦
 鹿児島大学准教授、元アアルト大学研究員兼講師、理学博士、一級建築士
中橋恵
 日伊間ビジネスコーディネーター。法政大学大学院工学研究科修士課程修了
漆原弘
 英国政府登録建築家、英国王立建築家協会会員、英国ヨーク大学にて博士号取得
鈴木裕一
 スペイン国公認建築家、カタルーニャ建築家協会正会員。バルセロナ近郊にて建築アトリエ事務所主宰
宮部浩幸
 近畿大学准教授、スピーク・パートナー、博士(工学)、元リスボン工科大学客員研究員

『世界の地方創生〜辺境のスタートアップたち』

 Amazonで予約受付中(ただしお手元に届くのはセミナー後になります)
 当日会場でも販売致します

〇世界の地方創生 〜辺境のスタートアップたち@京都

出版記念セミナー、17年5月26日

 


学芸出版社ホームページへ

貴方は人目(17.05〜)訪問者です。