出版記念@東京

福祉転用による建築・地域のリノベーション
成功事例で読みとく企画・設計・運営

松田雄二、大原一興、山田あすか、古澤 大輔

2018.6.21(当日参加可)


趣旨


福祉転用による建築・地域のリノベーション

 高齢化が進み福祉・介護への需要が高まる一方、世態構成の変化や建物への社会的ニーズの変化などにより空き家・空きビルも急増している。それらのなかには、地域の人々に長く親しまれてきた建物や、立地に恵まれた建物も少なくない。こうした空き家・空きビルの福祉施設への転用は、コストを抑えることができる可能性がある一方、法的な制約も多く広がりが限られていた。
 しかし近年、設計者をはじめ関係者の努力と工夫により、様々な成功が積み重ねられ、国土交通省も空き家・空きビルの有効利用に向けた法整備を真剣に検討している。
 このような時代の要請に応え、本書では法規・制度のみならず、経営(マネジメント)の壁をどのように乗り越え良質な福祉空間を実現していくか、そのプロセス、成功例、諸外国の経験を幅広く紹介し、それらを踏まえ「福祉転用を始める人への10のアドバイス」を提言した。
 本セミナーでは本書の内容を簡単に紹介するとともに、空き家、空きビルをまちの資産とするために設計者は何ができるのか、皆様とともに考えてゆきたい。
著者を代表して 松田 雄二

日 時:2018年6月21日(木)
    17時30分開場、18時〜20時頃まで
場 所:東京大学工学部1号館15号教室
    文京区本郷7-3-1
    最寄り駅:本郷三丁目(丸の内線、大江戸線)、東大前駅(南北線)
資料代:1000円(一般)
    無料(学生)
    『福祉転用による建築・地域のリノベーション』をご持参の方、会場でお買い上げの方は資料代無料
定 員:80名(先着順)

主なプログラム

1)主旨説明(松田 雄二・東京大学)
2)福祉転用と地域のリノベーション (大原 一興・横浜国立大学)
3)福祉転用実現のための10のステップ (山田 あすか・東京電機大学)
4)福祉転用の課題と事例紹介 (松田 雄二・前掲)
5)社会シナリオの変化を受け止める転用事例  (古澤 大輔・リライト_D/日本大学)
6)福祉転用を始める人のための10のアドバイス (山田 あすか・前掲)
7)ディスカッション+質疑 (大原・山田・松田・古澤)

参加申込(確認のご返信できませんが、当日参加可です)

『福祉転用による建築・地域のリノベーション』出版記念@東京
メールアドレスは正確にご記入下さい。数日以内に返信がない場合は、maeda@mbox.kyoto-inet.or.jpにご確認下さい
お名前の最初の読み
(前田なら「ま」)
お 名 前
所  属
E-Mail
ML登録 都市計画・まちづくり・地域再生に関わる新刊書、イベント案内をお送りしています(matiza_ml)。要・不要をお選びください。既にお受取の方には重複してお送りすることはございません。
送付希望 送付不要 登録済み

    また上記ボックスでの送信に不具合がある時は下記にメールまたは上記をファックス下さい。
    お申込への返信は、通常、数日以内に行ないます。お確かめ下さい
    前田裕資 maeda@mbox.kyoto-inet.or.jp/FAX 075-343-0810


講師プロフィール

松田 雄二 東京大学大学院 工学系研究科 建築学専攻 准教授
大原 一興 横浜国立大学大学院 都市イノベーション研究院 教授
山田 あすか 東京電機大学 未来科学部 建築学科 准教授
古澤 大輔 リライト_D/日本大学理工学部 建築学科 助教

『福祉転用による建築・地域のリノベーション』

 全国主要書店Amazonで販売中
 当日会場でも販売致します

『空き家・空きビルの福祉転用』

著者グループの前著、日本建築学会編、B5判・168頁・定価 本体3800円+税
関係者が共通認識を持てるよう建築や福祉の制度・技術を紹介し、様々な限界をクリアしている先進37事例を、その施設運用の実際と共に掲載。
学芸出版社ホームページへ

貴方は人目(18.03〜)訪問者です。