自動で飛ばない場合は、こちらをクリック下さい。学芸出版社

対話による建築・まち育て


対話による建築・まち育て

参加と意味のデザイン

 

装丁 上野かおる



■■内容紹介■■ もはや建築・まちづくりの分野では、環境や住民との対話を抜きにして計画は進まない。本書では、コミュニティデザインの現場にたち現れる意味を具体的にすくいあげ、研究と実践の橋渡しを行うことを試みた。「意味」、それは本物の住民参加によって獲得される、地域・空間・建築、そして生き方の質の変容であり、進化である。

■■詳細情報■■
全目次
あとがき
著者略歴
書評
 『地域開発』 2003. 10
 『建築とまちづくり』 2003. 10




 あなたは(COUNT: ) 人目(2003.4.18〜)の訪問者です。



ご注文はこちらへ

学芸出版社/gakugei

| 図書目録ページへ | 学芸出版社ホームへ |