日本の風景計画

都市の景観コントロール 到達点と将来展望

西村幸夫+町並み研究会 著


装丁 上野かおる

B5変判・200頁・4000円+税
2003.6.30発行
ISBN4-7615-4070-2

■■内容紹介■■
我が国での風景計画は、試行錯誤を繰り返しながら、どのような制度の下で実践されてきたか。現在の到達点を、歴史的都市をはじめ一般市街地、郊外部での運用や実績に立ち入って検討し、政策的な意義と法制度の可能性を多面的に考察。「地域力」を惹きだす美しい風景の実現を目指す。これからの日本の景観行政への提言も掲載。


『都市問題』2004. 2
『地方自治職員研修』2004. 1







(2003.6.20〜)