スマート・テロワール
農村消滅論からの大転換


松尾 雅彦 著
浅川 芳裕 構成





装丁 上野かおる

  

推薦 静岡県知事
川勝平太
美しく強靱な農村自給圏へ
磨きあげるための最良の指南書

推薦します


四六判・256頁・定価 本体1800円+税
ISBN978-4-7615-1344-3
2014-12-15

 農業・農村こそ成長余地がある
 15兆円穀物産業創造の提案

 その鍵は余っている水田の畑地への思い切った転換です。そこで国内自給率が低い穀物や家畜を育てます。その穀物や畜肉を地域の既存の工場で加工し、新鮮なうちに届け、最高の味を提供します。一方、地の利を活かし流通・広告コストを抑え、「日常食品」で輸入原料による商品と対抗します。
 地域の加工場やお店・消費者と手を結び、食と農を地域に取り戻すのです。
 こうして曖昧な活用の水田100万haがよみがえれば、15兆円の新しい産業が生まれます。スマートテロワールはそのための30年ビジョンです。


出版記念・東京セミナー(2015.01.30 終了しました 当日レジュメ公開中)
出版記念・京都セミナー(2014.12.16 終了しました)

宗田好史さんによる書評




-->




14.11.12--