形の規制誘導から関係性の作法へ

小浦久子 著


装丁 上野かおる


A5判・240頁・定価 本体2600円+税
2008.9.10発行
ISBN978-4-7615-2440-1

■■内容紹介■■
生活と器となる建築が変わり続けるなかで、どうすれば景観は良くなるのか。いま必要なのは、変化を無理強いすることでも抑えることでもなく、地域の生活文化の表出である景観を、ゆっくりと創出するしくみだ。形の規制誘導だけでなく、周辺との関係を意識した景観づくりへと導く計画、協議のしくみ、景観法の活かし方を説く。

一連の研究で2012年度日本建築学会(論文)賞を受賞!










(2008.9.3〜)