都市の自由空間
街路から広がるまちづくり


鳴海 邦碩 著    


装丁 上野 かおる

四六判・240頁・定価 本体2000円+税
ISBN978-4-7615-2471-5
2009-10-15 初版発行

■■内容紹介■■ 
つい数十年前まで、道と空地は出会いの場であった。そこは自然と出会い、人と出会い、仕事や情報と出会う場であり、都市らしさを支えていた。それが今、単なる車の交通の場になっている。古代から現代まで、工学から歴史学、人類学を縦横無尽に駆使し、都市再生の原点となる道と道的な空地=自由空間の意味と歴史を描き出す。

平成21年度不動産協会賞受賞!
不動産学会賞受賞記念インタビュー
担当編集者による紹介(ブログ)
著者講演会記録(都市環境デザインセミナー 2010.2)










(09.10.05〜)