自動で飛ばない場合は、こちらをクリック下さい。学芸出版社

中心市街地の創造力

暮らしの変化をとらえた再生への道

宗田好史 著


装丁 上野かおる


A5判・296頁・定価 本体3200円+税
2007.12.30発行
ISBN978-4-7615-3159-1

■■内容紹介■■
中心市街地はなぜ衰退したのか。都心が硬直し、消費者の変化に敏感な新しい起業者の参入を許さなかったからではないか。本書はまず市民の変化を消費、家族、労働の面から捉え、次に都心再生への端緒を掴んだ京都を事例に、街がどう呼応したかを見た。商店街救済や再開発ではなく、市民の創造性を活かす都心への大転換を提言。









(COUNT: ) (2007.12.19〜)